HOME>イチオシ情報>住宅の防水性、気密性、断熱性を高める効果があります
一軒家

豊富なカラーや素材の塗料があります

住宅の外壁が古くなってくると、家の外観がみすぼらしい印象になってしまいます。見た目の問題だけでなく、防水性や断熱性、気密性などが下がる原因になります。家の内部構造に悪影響が出たり、暖房や冷房の効きが悪くなることが多いです。住宅を建ててから、10年以上を経過している場合は外壁塗装のリフォームが必要です。住宅の外壁は面積があるので、リフォームの中でも高額になりがちです。地元で評判の高い専門業者を選ぶと、現地調査や見積もりが無料なので、安心して相談が出来ます。耐久性に優れているフッ素塗料や、高級シリコン素材などが人気です。スタイリッシュで洗練された印象のダークカラーや、爽やかな印象のホワイトやアイボリーなどが人気です。豊富なカラーが揃っているので、カタログなどで検討すると良いでしょう。外壁の色を変えることで、違った印象になります。

保証期間が付いているお店がお勧めです

外壁塗装のリフォームは、決して安いものではないので、複数の専門業者の料金やサービス内容を比較することが大事です。優良な専門業者を選ぶと、自社施工になっているため、費用を抑えることが出来ます。フッ素やアクリル、シリコン、ウレタンなどがあります。なるべく費用を抑えたい場合は、アクリル塗料がお勧めです。アクリル塗料の場合は7年から、8年ぐらいはきれいな状態を維持出来ます。防水性や耐久性に優れた塗料を選びたい場合は、高級シリコンやフッ素などがお勧めです。地元で評判の高い専門業者を選ぶと、高い技術を持った職人が在籍をしています。高圧洗浄機を使って、壁の汚れをきれいに取り除いてくれます。色ムラが発生しないように、丁寧に仕上げてくれます。一定の保証期間が付いている専門業者を選ぶと、アフターサービスが丁寧なので安心です。